キャリア相談で、自分の発する言葉の重み

最近、またキャリア相談のお申し込みが増えています。
現状になにか大きな悩みをお持ちの方より、この先どうしていくのかというご相談内容が多くなっているのも、最近の特徴です。
そうした中、キャリア相談後の振り返りをする時間も増えてきました。

キャリア相談では、私の発する言葉一つ一つが、相談者に何らか影響を与えていると
今さながら振り返りを行い事例をまとめることで分かってきます。

相談者の方は私との対話の中で、安心感を覚えたり、不安が減っていったり、
あるいは、言われたくない事を言われ無意識に心を閉じてしまったり、
私に表だって見せなくとも心の中で怒りの感情を持つ人もいるでしょう。

自分が何のために、その言葉を発したのか、何を伝えようとしているのか、
それは相談者の為に本当になっているのかを考える時間をとることが何より大切です。

本当は自分が正しいと言おうとしていたのではないか、
相手が心地いい言葉だけを伝えて嫌われたくないだけの対応になって、
何となく終わらせていないかと
振り返りをすることでキャリアコンサルタントして、見たくない自分が見えることも多々あります。

相談の振り返りすることで、毎回、言葉の威力の大きさを痛感し、
今の自分で出来ること、課題を知り、日々の自己研鑽の必要性を感じるのです。

>>キャリア相談の詳細とお申し込みはこちらから