専門家だからこそ専門家に相談する

カウンセラー、コーチ、コンサルタントなど専門家だからこそ
定期的に自己点検する必要がある。

例えばカウンセラーは心を扱うプロだから、
・自分の悩みや病気を他人に話すのは恥ずかしい
・プロとしてあってはならない
と考える方が危ない。

一定の品質をお客様に届けるなら、
スキル能力開発はもちろんのこと、自分のケアを専門家にして貰わないと、
おかしな方向に走っていても気づけない。

だからこそ、スーパーバイザー、コーチのコーチなどが存在し
倫理的な決まりとして、自分の専門分野の指導を受けることが決まっていることが多い。

一人ビジネスをしているなら、自分の専門分野、経営分野、こころのケア、
それぞれいた方がいいくらいだと私は思う。
>>キャリアコンサルタント・産業カウンセラー資格保持者向けコンサルティング指導