アサーティブな自分であるためには、「自己肯定感が高い」ことが必要とされます。

「女性の新しい働き方委員会」でアサーション実践ワークショップを開催しました。
産業カウンセラーやキャリアコンサルティングを学んだ人なら誰でも知っているアサーション。
しかし、一般の人たちへのアサーションの浸透はまだまだです。

<アサーションコミュニケーションとは?>
・自分の意見をしっかりと相手に伝える!
・相手の意見も相手もちゃんと認める!
お互いを尊重しながら、調和した結果を生み出していくコミュニケーション術です。

アサーションは知っているよという方でも、これを実践していくことは難しいものです。
わかっちゃいるけど、実際の場面では言えないかも。。。という方が多いです。
更に言えば、私たちカウンセラー自身もアサーションを知っているとはいえ、常にアサーティブな姿で入れるかというと実際は難しいものです。

途中、気分が悪くなった方、ワークの質問に過度に反応してしまう方など皆さん、ワークに対して真剣だからこそ、苦戦していらっしゃいました。

何度も書きますが、それほど、アサーティブなコミュニケーションを使おうとすることは、自分の状態や相手などによって難しいことなのです。

アサーティブな自分であるためには、「自己肯定感が高い」ことが必要とされます。
長い間の自粛生活の中、自分は何も出来ていない、やれないと行動が止まっている方、または今こそ活動しなければと決めたけれど中々旨く行かないということで、自己肯定感下がってる人が多いのではないでしょうか。

自己肯定感が下がると、自分を責め、そこから更にストレスがかかります。
その結果、思考停止状態になってしまうこともあるのです。

女性の新しい働き方委員会では、引き続きオンラインZOOMでの勉強会、交流会を開催していきます。
是非、カウンセリングを学んでいる皆さんにも参加して頂きたいです。
>>女性の新しい働き方委員会の詳細&スケジュールはこちらから