何かやらくては駄目症候群になっていませんか

6時に起きて活動を始め、朝の散歩、家事、そして仕事。
昼食を作り、そして仕事に入ったのですが14時には眠気がやってきました。
ここまで順調に過ごしてきたのに、ここで休んでは勿体ない!

昼寝すると起きられない確率高いからなんとか踏ん張ろう!
とは思ったのですが、SNSをだらだら見て、そしてその後、ぐっすり寝てしまいました。
気がつけば18時・・・

せっかく順調だった一日が途中からダラダラして、やることをしないで、今日は最悪というか、私って駄目だなと凹みました。
凹んでぐるぐる考えている間に1時間ぐらいがあっという間に経ちました。

トイレに行って、主人の部屋をこっそり見るとパソコンに向かって超真剣に仕事中。
私がドアを開けたことにも気づきませんでした。
「あー凄いな。こうやって集中して仕事が出来ないと駄目だな」と更に自分に駄目だし!

「自分が決めたようにきちんと行動できなければ駄目」
私の性格タイプが大きなストレスのきっかけになる出来事の一つに、自分のストイックさに対する自責の念というのがあり、まさにそれだ!と気づきました。

とりあえず、過ぎてしまった時間はと戻せないですし、自分を責めてもエネルギーが減るだけだなと、夕飯の用意を始めました。
材料を切って、料理をしているうちに、マイナス気分が抜けてきました。

私は今日は何もしていない、駄目な一日だったのかと思い返せば、いつもより早起き、朝の散歩したし、午前中仕事もしたよねと一日を事実ベースで振り返れば、そんなに駄目じゃないんですよね。
仕事によっては、家にいることが多くなっている皆さんは私のように、何かやらくては駄目症候群になっていませんか。

・今こそ生活リズムを整えなければ駄目だ
・何かお役にたつことをしなければ駄目だ
・考えるだけで何も変わっていないのは駄目だ
どれも認知の偏りです。
こうしなければ駄目ということは無くて、自分がそう決めてるんです。
自分が自分に駄目だししているんです。

自分へ駄目だしするのはどんな時かを振り返ると自己理解が深まります。
ダメ出しの内容、ストレスの理由や反応も、それぞれ違います。
日々の中で何かの出来事に対して自分が頂く感情・思考・行動を見ていくことが自分を知ると言うことだなとまた改めて思いました。

自分のストレス源、ストレス反応、ストレス対処方法を知ることで、自分へのダメ出しが減ります。
ストレスと自分のタイプについて一緒に学びませんか?
人生をうまく乗り切るコツを個別にお伝えします。
>>性格タイプ別の心の得意不得意を知るワークショップ